2011-03-27 16:47 | カテゴリ:経理

自動車、電機は生産再開めど立たず モノ作り大国日本の根幹が揺らぐ




連日のように国内経済の深刻な打撃についての報道が誌面に、そして茶の間に重い空気を流し込んでくる。

もちろんそれはまるで人事ではない。 自動車関係であるぼくの勤め先もまた事態は深刻だ。

心配になってラインの稼働状況を見に行けば、いつも昼夜問わずフル残業のはずのラインが

まるで風邪でもひいて寝込んでいるかのように明かりが消され、電源も完全にシャットダウンされている。

そして次の日に工場の人に話を聞けば、昨日は元気に動いていたラインまでもが停止に追い込まれ

稼動しているラインのほうが少ないという状況。 製造ライン従事者は自宅待機を余儀なくされている。



それもこれも、大元のトヨタが部品が調達できないことによるものが影響としては大きい。

自動車は何万という部品が組み合わさって出来ており、その一つでも欠ければ途端に生産に支障をきたす。

もちろん、その何万の部品は何十種類もの資材でできている・・・。

その調達先が震災でダメージを受けてしまったり、計画停電等で満足に稼動できなければ

トヨタの1次下請けが助かっても、代替が利かなければ結局部品が調達できない。

代替品があったとしてもすぐにその代替品で作り始めることは出来ないから、

今も技術屋は代替品で性能を満足できるか、不具合は出ないか必死になってトライを重ねているのだ。



サプライヤーを絞り、在庫を、コスト低減を図ってきたカンバンの方式の弱点が今もろに現れている。

もちろん国内に影響は留まらない。 日本製の部品を扱う海外メーカーも軒並みライン停止を余儀なくされている。

一体どこまで影響は広がるのだろうか。

原発ばかりが報道されているが、東日本だけではなく日本経済自体が津波に飲まれてしまった。

それに便乗するように広がる非正規雇用者の解雇。

来週よりどの会社も決算を迎えるが、来期以降の利益計画を含め下方修正を余儀なくされることは間違いない。

震災の影響での特別損失がどの程度になるのか想像もつかない。

ただでさえ自動車減税が終わり、来期からが正念場という時に・・・国内の空洞化が促進しないことを祈るばかりだ。
スポンサーサイト



2011-03-22 21:28 | カテゴリ:ねっと・げーむ
料理・・・リアルでも出来るといいですよね。

お菓子作りとか自分で出来ればいいなーとは思いつつも

いざやってみるかと思うとホットケーキすらめんどくせーと投げ出す始末。



だが・・・本気で料理の道を歩もうとするとそれは茨の道だと

マビ界のマダオ王国最高料理人のグルアス氏も力説されております。





料理とは戦いらしい、命を懸けなければダメらしい。

最初は高潔ESのためにあげていた料理ですが、生産好きが祟ってか

いつの間にかランクはAを抜け・・・なによりも

こんなストーカー紛いのマダオに負けてなどいられるかという妙な対抗心から

日々精進に励んでおります。 よって心の師匠はいつまでもゴードン様です。

そんなグルアス氏ですが、料理に対する情熱はホンモノ。

それを如術に表す、彼と共に飛び込める料理ダンジョンとは・・・





マジで食材相手に格闘をするダンジョンだったのだ!!!

ただ料理されるのを食材だって指をくわえて(?)見ているわけではない!

あちこちから魔法が飛びかうなか、必死に耐えて耐えて戦い抜かねば料理は完成しない。

食材もまともに捌けない料理人などシェフを語る資格などないということなのだろうか・・・。







このダンジョン・・・意外と手ごわい。 料理は手際が大事!

ぱぱっと食材を調理しなければそれだけで大幅減点!

クッキングナイフを片手にばっさばっさと切り倒しながら、時折邪魔するネズミを追っ払い・・・。

それでいて分量もきっちりあわせなければならない。

ふんだんに使いすぎてもケチりすぎても最高料理人のメガネには敵わないのだ!

そんなこんなでようやくランクも7に。 そろそろオリジナルレシピでも探してみようかと画策中。



それでもあーた、ランク7まできてそれはないでしょーよ!





まだまだ一流には程遠いようです・・・。