2008-08-30 07:22 | カテゴリ:経理
大阪桐蔭が全国を制覇して早2週間が経とうとしています。

そして、地獄の8月が終わろうとしているところでもあります。



トヨタ自動車の販売計画大幅見直しによって、もちろんトヨタグループに与する当社も

それに引っ張られるように年間利益計画の見直しを迫られる事に。

その影響で1ヶ月の最大残業工数(それ以上やると始末書を書かされる)まで後30分

というところまでやっちまったので、今日、明日はゆっくりです。

今冬からは減収減益だね。 まぁどこも同じだろうけど。

鉄鋼の値上がりがなんとかならないと、車の値上げが続きますよ。



9月は9月で中間決算があるんだよな。

むしろ8月より大決戦と呼ぶにふさわしいのは9月~10月。

・実地たな卸し準備

・固定資産たな卸しまとめ、除却関係処理と償却費再計算

・試験材料費、支払運賃等整理・・・



などなど。でも何が一番面倒かというと

社外に出す業績報告資料(要は決算報告書)を俺一人で作らなきゃいかんというところ。

俺⇒部長⇒常務⇒社長と決済も取るから下手なことできんし、何よりどえらい時間がかかる。

さすがにキャッシュフローとかの資金関係は分からんから資金グループのグループマネージャーに聞くけど。



でも、今日は仕事の事は考えない。考えるとウツになるお(  ^ω^)

今日は聖戦の系譜の改造に当たって基礎データを・・・全然進まねえ!!!

だって、このゲームって大雑把なんだけど、やたら妙に微妙に結構バランスが取れてるんだよ。

だからこれいじろうとなると、結構悩むんだよな。

例えば、騎馬兵。あれだけ下級職いてみんな初期値同じとか勿体ねーだろう。

例えば、斧。あれだけ使い物にならないとかわいそうだろう。

つーわけでいろいろやっているわけであります。

まぁでも、進まない最大の要因は

家でエクセルを見ると眠くなる

ということらしいです、はい。
スポンサーサイト



2008-08-24 19:28 | カテゴリ:ねっと・げーむ
久しぶりに更新。

アスの現在稼働中の賊も95になったし、一休み一休み。

ん、そういえばこれでカム賊は計4人になったになったわけか。

そして賊の合計人数はイア鯖の時のキャラを含めると何人だろう

91~99: 4人

81~90: 1人

71~80: 2人

21~70: 3人



わお、10人もいるのね。我ながらびっくり。

つーわけでノースでもやろうかなーと。

ところで先日、ミニランドで大血戦がありました。

クエスト報酬品をクリックしたところから、それは始まった・・・。

5分ぐらいの間にキャラが3,4回死んでようやく倒せるモンスがミニランド内に沸いたんです。

ペットやメイトは言うに及ばず。とにかく、家が血の海になりました。

レベル1の子羊ちゃんが死亡⇒復活⇒死亡のコンボで時間を稼いでくれました。彼は勇敢です。

何かというと、グラディエーター・トリがミニランド内に沸いたんです。

沸いたんですというより僕が沸かせたんですね、はい。

あほっていうな、そこのお前。だってそんなことしらねーんだものw



さて、今日はPCでできる格ゲーを紹介します。

M.U.G.E.Nという奴ですが、まさに無限の可能性を秘めています。

ジョジョVSギルティとか、通常では考えられない組み合わせが朝飯前なのです。

今日は軽く動画をアップしたんで良かったら見てくだしあ。(パスは両方ともonyanoko)

http://www1.axfc.net/uploader/K/so/30847.zip

http://www1.axfc.net/uploader/S/so/37627.rar



音声は同期が取れなかったんで取っちゃった。

ついでにしたのリンクはRARで解凍してください(操作間違えた)



さーて何しようかな。

暇だから聖戦の系譜の改造でもやろうかしら。

データベースと構造体の再構築からはじめないとなー。
2008-08-18 22:54 | カテゴリ:阪神タイガース



































































             
    4 0 1 0 1 6 2 0 3 17
      0 0 0 0 0 0 0 0 0 0







































内容 安打 本塁打 四死球 三振 失策
  21 2 7 3 0
  5 0 2 9 2

















































































投手                                      
    -       -       -       -      
    -   -   -   -  
















































               
       
               



大阪桐蔭が持ち前の打撃力をいかんなく発揮して常葉菊川に完勝し全国の頂点に立った。

桐蔭は初回から菊川のエース戸狩を攻め、一死満塁から5番奥村が

大会48号となる中越え満塁本塁打を放ちまず4点。

三、五回にも1点ずつ加え、六回には福島の走者一掃の二塁打をはじめとして6点をあげた。

七回には大会49号4番荻原の3試合連続となる右越え2点本塁打で更に追加点。

この本塁打で、荻原は1大会あたりの一打者の打点記録の新記録をうちたてた(15打点)。

大阪桐蔭は21安打2本塁打で17得点と、今までの集大成とも言うべき攻めを見せた。

一方常葉菊川は大阪桐蔭のエース福島に完璧に抑えられ、三塁すら踏むことができなかった。

大阪桐蔭は17年ぶり2度目の全国制覇を成し遂げた。お疲れ様。

怪我で100%の自分を発揮できない中、それでも最後はマウンドに立っていた

常葉菊川のエース戸狩もナイスピッチングと賞賛したい。
2008-08-17 19:13 | カテゴリ:阪神タイガース



































































           
    0 0 5 0 0 0 1 1 2 9
        0 1 1 0 1 0 0 1 0 4







































内容 安打 本塁打 四死球 三振 失策
  14 1 1 2 3
      8 0 3 5 0

































投手      
   
       




































       
   
           



大阪桐蔭が序盤の集中打で勝ち越し、そのまま逃げ切った。

横浜は2回死球から犠打で二死二塁とし7番小田の時、投手福島の暴投で三進し

さらに捕手の悪送球で1点を先制した。

だが、追う大阪桐蔭は直後の三回一死後、四球と2本の安打で一死満塁とすると

3番森川がまず右前適時安打で1点、4番荻原が左越え適時二塁打で2点、二死後

ランナー二、三塁で6番中谷が右前適時安打で二者生還。

この回計5点を横浜のエース土屋から奪い取った。

大阪桐蔭は7,8回にも1点ずつを加え、9回には4番荻原に

大会第47号の右中間本塁打が飛び出し2点を追加して横浜を振り切った。

横浜も序盤、中盤、後半に1点ずつを返したが、大阪桐蔭の強力打線の前に敗退した。

大阪桐蔭の福島投手は、今大会初の完投勝利を収めた。

2008-08-17 19:03 | カテゴリ:阪神タイガース



































































           
        0 1 2 0 0 1 0 0 0 4
      0 9 0 0 0 0 0 0 x 9







































内容 安打 本塁打 四死球 三振 失策
    13 0 1 3 3
  10 1 5 8 1

























































投手                      
      -   -      
    -   -  




































       
         
   



常葉菊川が持ち前の1イニング大量得点で手負いのエースを護って決勝へ進出。

先制は浦添商。二死二塁から8番新田の遊ゴロをトンネルし、この間に二塁走者が還り先制。

だが常葉菊川はその直後、先発の島根を攻め無死満塁とすると

7番戸狩に対して厳しいコースを突いた球が死球となり押し出しで同点。

続く8番栩木が左前適時安打を放ち逆転。

ここで浦添商は疲れが残るという事で先発しなかったエース伊波を投入。

伊波は9番樋口、1番酒井を凡退させてこのままエース同士の投手戦となるかと思われた。

だが、この大会好調の2番伊藤が走者一掃の中越え適時二塁打を放つ。

さらに3,4番も出塁し二死満塁とし、ここで昨日三点本塁打を放っている前田。

前田は左越え満塁本塁打を放ち、常葉菊川はこの回一気に9点を奪い試合の流れを掴んだ。

浦添商も3,5回に1点ずつを還し、6回も1点還したあと一死満塁で打席には打撃も好調の伊波。

伊波はきっちりセンター前へ・・・と思いきや二塁手町田のスーパープレイで二直となり

これで二塁走者も戻れず併殺。ここで浦添商は掴みかけた流れを完全に常葉菊川に奪われてしまった。
2008-08-16 19:55 | カテゴリ:阪神タイガース



































































         
      0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
        0 2 0 1 2 6 4 0 x 15







































内容 安打 本塁打 四死球 三振 失策
  9 0 1 9 1
      18 2 6 4 0

























































投手                      
    -   -  
        -   -      
















































               
               
           



横浜が本塁打2本を含む18安打を放ち聖光学院に圧勝。

横浜は3-1とリードした五回、4番筒香が右翼ポール際に入る2点本塁打を放ち

聖光学院を突き放す。更に六回、聖光学園がエース佐藤(竜)をマウンドに送ったが

横浜は安打を集中し2点を追加した後、再び打席には4番筒香。

ここで右翼へ飛び込む大会45号本塁打はグランドスラム。一気に11-1と試合を決めた。

七回にも筒香は左越え二塁打で2打点を上げ、計8打点。

一試合で一打者が8打点は大会タイ記録。

投げてはエース土屋が聖光学院打線を8回1失点に抑え

明日以降の戦いに向けて期待が持てる内容を残した。

聖光学院も9安打を放ちながら、流れを相手に持っていかれた。
2008-08-16 19:40 | カテゴリ:阪神タイガース



































































         
  0 1 0 0 1 0 0 4 4 10
      0 0 0 0 3 10 0 0 x 13







































内容 安打 本塁打 四死球 三振 失策
15 1 8 4 2
  15 1 5 8 1

















































































投手                                      
  -   -     -   -      
    -   -   -   -  




































       
 
   



両チーム15安打、1本塁打同士の打撃戦を制したのは常葉菊川だった。

5回までで3-2と逆転した常葉菊川は6回に無死一、二塁から5番前田が

大会42号の左越え3点本塁打を放ち、それが起爆剤となり

この回打者15人を送り込んで10得点の猛攻で試合は決まったかに思われた。

ところが打の智弁和歌山が2点で終わるわけがなかった。

8回、9回に5安打を集中し、9回には1番浦田が大会43号の本塁打を放ち

4点ずつを還し怒涛の反撃を見せ、気付いてみれば11点差は3点差まで縮まった。

だが最後は、智弁和歌山の得点源だった3番勝谷、4番坂口を抑えて逃げ切った。

常葉菊川はエース戸狩の肘の調子が良くない。

当試合はコントロールだけで抑えている様子だったが

直球で100~115km/hでは失点は避けられない。明日以降の投手采配が気にかかる。

2008-08-15 18:18 | カテゴリ:阪神タイガース






































































         
        1 0 0 1 0 0 0 1 0 1 4
        0 0 1 0 0 0 2 0 0 0 3







































内容 安打 本塁打 四死球 三振 失策
    8 0 3 6 1
      12 0 5 10 1

























































投手                      
      -   -  
        -   -      



浦添商が一度相手に流れかけた流れを再び呼び戻して勝利。

浦添商はエースの伊波ではなく、地方大会以来のマウンドとなる上地

対する慶応もいつもは中継ぎで登場する只野が先発と予想外の幕開けとなったこの試合

一回に二死三塁から、4番山城がラッキーな二塁打で幸先よく1点先制。

対する慶応も三回に二死一塁から4番鈴木が右中間適時二塁打で序盤のうちに同点に追いつく。

しかし浦添商もその直後の四回、一死一、三塁から

6番当山の当りが併殺崩れとなり三塁ランナーが生還。

この後、浦添商は地方大会含めまったく登板のなかった島根をマウンドに送るが、

島根は6回まで慶応打線を封じ込め、エースにつないだ。

七回から浦添商はエース伊波を投入し浦添商の逃げ切りかと思いきや、

振り逃げから犠打で一死二塁とし、ここで3番山崎が一塁線適時二塁打を放ち同点、更に二死後、

只野からマウンドを託された5番田村が右前適時安打で山崎が生還し逆転。

ところが浦添商も負けじと八回、四球と安打で一死一、三塁とし

ここで4番山城が中犠飛をあげて試合を振り出しに戻し、今大会4度目の延長戦へ突入。

延長十回、9番仲里が右中間三塁打を放ち、これを2番上地が価値千金のスクイズを決め勝ちをもぎ取った。

その裏、慶応も二死二塁のラストチャンスがあったが、最後は浦添商エース伊波がその意地を見せ付けた。

2008-08-15 17:47 | カテゴリ:阪神タイガース



































































         
    0 1 0 1 2 0 0 0 0 4
    0 1 0 0 1 3 1 1 x 7







































内容 安打 本塁打 四死球 三振 失策
  10 1 3 8 0
  16 2 4 3 0

























































投手                      
    - -      
    -   -  
















































               
  西          
       



大阪桐蔭が苦しみながら報徳学園エース近田から7点を奪い4強進出を果たした。

先制は報徳学園。2回に二死二塁で7番中村が右越え二塁打を放ち先制。

だがその裏、大阪桐蔭は5番奥村の大会第39号左越え本塁打で同点。

報徳学院は4回に一死二塁から投手近田が中越え適時三塁打を放ち再び勝ち越し。

5回にもランナー一人置いて2番西郷が大会第40号右越え2点本塁打で突き放した。

反撃したい大阪桐蔭は6回、1点を還しなお一死一、三塁で8番有山が左前適時打でついに同点。

さらに二死後満塁となって2番佐野が気合の二前適時内野安打をもぎ取り逆転。

その後も4番荻原が7回に本塁打、8回に適時安打を放ち、

今まで一人でマウンドを守ってきた報徳学園エース近田をマウンドから引き摺り下ろした。

報徳学園は9回にも二死二塁のチャンスを作るなど毎回のように相手バッテリーを脅かしたが

福島―奥村の方程式を見事に決められ、ここで力尽きた。
2008-08-14 20:07 | カテゴリ:阪神タイガース



































































         
        0 0 1 0 0 0 1 0 1 3
      1 0 0 1 0 0 0 0 0 2







































内容 安打 本塁打 四死球 三振 失策
      9 0 7 4 0
  7 0 2 8 1













































投手              
        -      
    -  



横浜が最後の最後まで喰らいついて、土壇場で逆転勝利を収めた。

育英は初回、1番橋本の左前安打と好走塁で無死二塁とし犠打後

4番加藤が中堅へきっちり犠飛を上げ先制。

横浜は3回育英の先発穂積を攻め、二死三塁から2番大石が中前適時安打で同点。

更に安打と四球で二死満塁としたが、ここは穂積から変わった1年生投手木村が抑えた。

その後互いに1点を取り合い、9回それまで木村に散打3本に抑えられていた横浜打線が繋がる。

二本の安打と盗塁で一死二、三塁とした後、

ここで投手木村が厳しいコースを突いたスライダーがまさかの暴投。

強く捕手が弾いた訳ではなかったがこれを捕手が見失い、

その隙を突いて一気に三塁走者中原が生還。

横浜の土屋は5回以降立ち直り育英打線に追加点を許さなかった。

土屋が復調してきた事により、8強戦も俄然面白くなってきたように見える。


2008-08-14 18:13 | カテゴリ:阪神タイガース



































































         
    1 1 1 1 0 3 0 0 0 7
        西 0 0 0 0 0 0 0 2 3 5







































内容 安打 本塁打 四死球 三振 失策
  13 0 3 4 1
      14 1 1 7 2

























































投手                      
    -   -  
        -   -




































       
       
       



大阪桐蔭が粘りに粘る東邦を何とか抑えて逃げ切った。

大阪桐蔭は1回から3回まで犠牲フライで1点ずつを挙げ、4回にも1点を加えた。

そして6回無死一、二塁から2番佐野の右中間二塁打で1点、投手和田の暴投で1点

更に3番森川の左前適時打で1点と計3点を挙げて7-0と大きく東邦をリードした。

東邦は7回まで福島-奥村の継投でかわされていたが

8回に2番の小宅の逆風をものともしない右越え本塁打で火がついたように反撃を開始

本塁打後3本の安打で一死満塁から6番橋本の犠牲フライで更に1点。

9回には無死一、三塁からキーパーソンと前評のあった1番山田の左前適時安打で1点

二死後4番野々川が左越え2点適時二塁打で2点差まで大阪桐蔭に迫り怒涛の反撃を見せた。

だが、序盤の失策、暴投から失った部分に最後まで泣く事になった。
2008-08-14 15:09 | カテゴリ:阪神タイガース



































































         
      0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
        1 0 0 0 0 0 1 0 x 2







































内容 安打 本塁打 四死球 三振 失策
  5 0 3 3 0
      7 0 5 5 1













































投手              
    -  
        -  



守りからリズムを作る似たチームカラー同士の一戦は慶応が

田村、只野の黄金リレーを決めて青森山田を0封して勝利。

慶応は初回に一死二塁から3番山崎の中前適時安打で先制。

7回には一死に、三塁から9番溝口が三前スクイズを決め貴重な2点目をあげた。

青森山田も再三得点圏にランナーを出したが、

バッテリーの配球とそれを盛り上げるバックの堅い守りを最後まで打ち崩せなかった。
2008-08-14 15:01 | カテゴリ:阪神タイガース



































































         
        0 0 1 0 0 0 2 0 0 3
      0 0 1 0 0 0 0 0 0 1







































内容 安打 本塁打 四死球 三振 失策
    9 0 2 1 1
    8 0 1 9 1













































投手              
      -      
    -  



浦添商がエース伊波の好投で8強へ進出。

浦添商は2番上地のスクイズで先制し、その裏関東一二死三塁から三ゴロ失ですぐ同点にした。

そのまま後半へ進み、7回に浦添商は安打二つと四球で二死満塁とした後

1番漢那の左前2点適時打で勝ち越した。

伊波は失策による1失点に関東一打線を抑え、抜群の安定感を見せた。

関東一高もチャンスがなかったわけではないが、要所を伊波にことごとく抑えられた。
2008-08-13 20:03 | カテゴリ:阪神タイガース



































































         
鹿     鹿 0 0 0 0 1 0 0 0 2 3
    0 3 1 0 1 0 2 0 x 7







































内容 安打 本塁打 四死球 三振 失策
鹿   7 1 8 8 2
  12 0 1 5 0

































投手      
鹿    
   




































       
鹿    
       



報徳学園がエース近田の好投で終始試合のペースを握り

鹿児島実業に快勝した。

報徳学園は2回、一死二、三塁から、7番中村が右越え2点適時二塁打で先制。

さらに8番中川のセーフティスクイズで2点目、9番籾山の左前適時安打で3点目と計3点を先制。

投げては近田が8つの四死球を出しながら丁寧に投げた。

鹿児島実業も9回に3番森田が大会第37号となる左越え2点本塁打を放ち意地を見せるが、

反撃もここまでだった。



明日の組み合わせ





























































































      -          
      -          
        西 -      
        -        

2008-08-13 17:40 | カテゴリ:阪神タイガース



































































         
  0 0 0 0 2 0 0 11 2 15
  0 1 0 0 0 2 0 0 0 3







































内容 安打 本塁打 四死球 三振 失策
15 3 5 4 2
8 0 5 9 3

























































投手                      
  -     -  
  -   -  




























































                       
         
                     



智弁和歌山が8回に打者15人で一挙11点を挙げ、駒大岩見沢を下した。

先制は駒大岩見沢。2回に7番佐藤の中前適時安打で先制。

その後5回に一度逆転されるが、

すかさず6回に5番及川、6番古川の連続適時打で再度逆転した。

一方智弁和歌山は、8回に安打の走者を一、二塁において、

4番坂口が中越え3点本塁打を放ち逆転。

その後打線が繋がり4点を追加、そして3番勝谷が

バックスクリーンに飛び込む3点本塁打でこの回10点目。

さらに、この回2回目の打席の坂口が

今度は左翼席に飛び込む本塁打を放ち、この回一挙11点。

1イニングに同じ打者が2本塁打は大会新記録。

駒大岩見沢も、7回までは試合を作っていただけに、

8回以降はまるで違う試合を見ているかのような感覚だった。

智弁和歌山は2回戦、17安打で5得点だったが、

中軸が元気になったとこにより15安打15得点と一気に効率の良い攻めに変わった。

8強戦でどんな打撃をするか楽しみだ。
2008-08-13 14:42 | カテゴリ:阪神タイガース



































































         
        5 0 1 0 0 1 0 0 0 7
      0 0 0 0 7 0 0 4 x 11







































内容 安打 本塁打 四死球 三振 失策
    10 0 2 7 2
  13 2 0 5 5













































投手              
      -      
    -  
















































               
                 
       



一方的な試合になるかと思われた試合は乱打戦となり、常葉菊川が逆転勝ちをした。

倉敷商は常葉菊川の先発萩原の立ち上がりを攻め、

1回に長打とスクイズをからめて5点を先制。4回にも1点を加えた。

対する常葉菊川は4回まで倉敷商の木元に抑えられていたが、5回に無死一塁から出した監督のサインは送りバントだった。

だが、得点圏にランナーを置いた後、常葉菊川の打線が爆発し5番伊藤が左翼席に飛び込む3点本塁打を放ち

この回一挙7点を挙げてで逆転をした。

その後倉敷商もすかさず同点としたが、

常葉菊川は8回にも9番町田の中越え2点本塁打などで4点を挙げて粘る倉敷商を振り切った。

投げては荻原をリリーフした野島の好投が光った。
2008-08-13 14:34 | カテゴリ:阪神タイガース



































































         
      0 0 0 1 0 4 0 0 0 5
      0 1 1 0 0 0 0 0 0 2







































内容 安打 本塁打 四死球 三振 失策
  11 0 5 2 1
  7 1 1 9 1













































投手              
    -      
      -  




































       
       
   



聖光学院が中盤に集中打で逆転しそのまま逃げ切った。

先制は市岐阜商。2回に4番加藤が左翼に飛び込む大会31号ソロで先取。

3回にも1点を挙げ有利に試合を進めるが、6回に先発原がつかまり

二死から6番安田の左越え適時二塁打で同点とし、7番佐藤が投手自らのバットでランナーを還し逆転。

その後も2点を加え、市岐阜商の後続を断ち切った。

前評判より継投のタイミングが指摘されていたが、そのとおりの試合結果となり市岐阜商としては残念。
2008-08-12 19:58 | カテゴリ:阪神タイガース



































































         
        0 1 1 0 2 0 0 0 0 4
      2 1 1 0 2 0 0 0 x 6







































内容 安打 本塁打 四死球 三振 失策
    7 0 4 7 0
  12 0 8 4 3





































































投手                              
      -   - -  
    -   -       -      



三回戦進出最後の一校をかけた戦いは、

仙台育英が6回以降、1年生木村の力投で福井商の打線を2安打に抑え込み逃げ切った。

序盤に点の取り合いとなった試合は、5回に仙台育英の7番小川が

左越え二点適時三塁打を放ち、これが決勝点となった。

福井商も後半のピンチを何度も無失点で切り抜け反撃のチャンスをうかがったが

穂積をリリーフ下した1年生投手木村を捉えきれず敗退した。



明日の組み合わせ (明日の第一試合より第三回戦)



























































































      -        
      -          
-  
鹿     鹿 -      

2008-08-12 15:45 | カテゴリ:阪神タイガース



































































         
          1 1 0 0 1 0 0 1 0 4
        0 1 1 2 1 2 0 0 x 7







































内容 安打 本塁打 四死球 三振 失策
      11 1 4 1 3
      9 0 6 5 2

























































投手                      
        -   -  
        -       -      




































       
       
           



横浜高がエース土屋がなかなか復調できない中、広陵を押さえて勝利。

先制したのは広陵。 一回に一番上本の先頭打者本塁打で先制。

しかし横浜も二回に8番小田の左中間適時二塁打で同点とすると

四回には二番大石が、ダイアモンドを一周し(記録上は三塁打+外野の送球エラー)逆転

その後も点を小刻み加えて広陵の追撃を振り切った。

今後は土屋の復調が言わずともキーとなってくるだろう。


2008-08-12 13:18 | カテゴリ:阪神タイガース






































































         
          0 1 0 4 0 0 0 0 0 0 5
    2 1 0 0 1 0 0 1 0 1x 6







































内容 安打 本塁打 四死球 三振 失策
      10 0 7 11 0
  16 2 4 3 0

























































投手                      
        -   -  
    -   -  
















































               
                   
       



大会3度目の延長戦となった試合は大阪桐蔭が苦しい接戦をものにした。

序盤は浅村の本塁打などで大阪桐蔭のペースだったが

中盤に金沢が先発川原をリリーフした杉本の中前適時打を皮切りに4点を挙げて流れをつかんだ。

だが、大阪桐蔭は後半に、浅村の当試合2本目の本塁打や遊撃での好守備などで流れを再度引き戻し

最後は浅村敬遠後の一死満塁で、それまで安打のなかった3番森川が左前に適時安打を放ち、サヨナラ勝ちを収めた。

2008-08-11 20:11 | カテゴリ:阪神タイガース



































































         
          0 0 1 0 1 1 0 1 0 4
        西 0 0 1 1 1 0 1 1 x 5







































内容 安打 本塁打 四死球 三振 失策
      11 0 4 10 1
      6 1 5 8 1

































投手      
       
       




































       
           
       



取っては取られ、取られては取り返す。

1点が、流れが両チーム間を行き来する締まった試合は、

東邦が8番松永の気合のスクイズで勝利の二文字をもぎ取った。

清峰の投手今村はスライダー、東邦の下平はシンカーを効果的に用いて

互いに打のチーム相手に丁寧に投げた。

勝敗を分けたのは、清峰の7回表、二死満塁が無得点で終わった場面かもしれない。



明日の組み合わせ







































































    -            
          -          
      -          

2008-08-11 19:57 | カテゴリ:阪神タイガース



































































         
        0 0 3 0 1 0 0 1 0 5
        0 0 0 0 0 0 0 0 0 0







































内容 安打 本塁打 四死球 三振 失策
      10 0 1 1 1
    5 0 1 6 0













































投手              
        -  
      -      



慶応が田村-只野の方程式を完成し、高岡商に完勝した。

打撃では2番福富の大当たりが目を引いたが

序盤に先制し、中盤、終盤に追加点と安定した攻めを見せた。

高岡商は二塁を踏めたイニングが3回と7回のわずか2回と相手投手に押さえ込まれた。
2008-08-11 19:48 | カテゴリ:阪神タイガース