-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  マビノギ・攻略ブログ
2016-05-20 14:06 | カテゴリ:タイ赴任記
珍しく真面目な記事である

20160520134603cdd.jpeg

先日引越し業者に荷物を運び出してもらったが、意外と規制が激しいのだ
普段のタバコ本数やらそんなちゃちなものではない。
日本からタイに持ち込むときより制限が多いので気をつけなくてはならない
と言うわけで引越しの時気をつけた方がいいことをまとめてみた

1.液体類は一切不可
日本からタイならシャンプーや歯磨き粉、整髪料は持ち込めたが、
タイから出すときは明らかな水気のものに加え、ジェル状も不可。缶詰もダメだ。
かろうじて、使い捨てコンタクトくらいなら許してもらえる程度

2.磁石、電池の類いも一切不可
を作ることができるという理由でやはり一切不可。
パソコン用の小さなスピーカーの磁石もあかんってことで、PC類は手荷物必至。

3.石鹸は24個まで
タイの石鹸はクオリティが高いのでお土産にする人もいると思うが、
実はこれにも個数制限があり、24個までとなっている。

4.タイ人からのプレゼントも考慮する
タイ人はよくプレゼントをくれることがある。帰任となるとその可能性は高い。
あまり早く荷造りして業者に荷物を運び出してもらうと、
直前になって結構サイズのあるものをプレゼントされたりするので
多少ドタバタしても引越しは帰任日のギリギリまで待った方がいい。

5.引越し開始前に荷物の種類、数を書き出しておく
本当は引越しの時に業者が数えて記入するはずだが、ここはタイ。
訪れる担当者も日本語を話せるタイ人で、やり方はかなりアバウト。
梱包を終えてから何が入ってますかとか平気で聞いてくるので、事前に書き出しておいた方がいい。

個人的には100均とかダイソーで売ってる小物入れ
(上の写真でも段ボールの左に置いてあるやつ)とか、プラスチック収納ケースなんかに詰めて赴任すれば
帰る時もそのままそれを段ボールに詰めるだけで済むのでかなりオススメ

こんなもんだと思うけど、気づいたら追加します
関連記事
スポンサーサイト
【ジャンル】:海外情報 【テーマ】:タイ
コメント(0) | トラックバック(0)  マビノギ・攻略ブログ

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://ganbareminors.blog.fc2.com/tb.php/659-db7674c3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。